【レポ①】香×茶 魅惑のコラボイベント

 オリエンタルな隠された美 〜hidden beauty〜

香美人-kobijin- X  モダンスタイル茶道 の魅惑のレッスン  

5/13.14 雨脚のお強い中にも関わらず

20名様以上がご参加くださり

アラマンダホテル青山

ジュニアスィートルームにて開催しました。

香と茶道の関係は深く

香を焚き身の穢れを取り除き精神を清めます。

 あからさまに魅せたり表現するよりも

どこか隠されたあえて全てを見せないことで

より強い美と魅力を引き出す  ”hidden beauty”

審美眼、研ぎ澄まされた感性抜群のセンスの真紀子先生が

イベントタイトルとして提案してくださった

《オリエンタルな隠された美》

その言葉に想いを馳せながら

念願だったコラボイベントの準備や

《隠された美》という観点からの

新たな香の世界への探求の旅にでた私です。

香り高い香木や漢方薬の原料でもあるお香の原料は

実は、日本で生育する植物はほとんどありません。

全て、仏教伝来頃、大陸を渡り、日本に伝わりました。

今まで香ったことのない「神秘的」かつ「魅惑的」芳香に

当時の人々は心を奪われてしまったそうです。

↑大茴香、芍薬、桂皮、かっ香をあしらったポプリ(室内香)レッスン

↑「夏の香」とも呼ばれる「白檀」をメインに調合した、塗香(ずこう)レッスン

日本に渡り、その時代の人々の心や暮らしに寄り添いながら

1400年以上続く、お香の文化。

さらに、「お香」「香道」では

香りを「嗅ぐ」「匂う」ではなく

香りを「聞く」と表現します。

五感を、感性を

そして心を研ぎ澄ませて、香りを「聞く」。

そんな表現にこそ「お香」のもつ

隠された、魅惑的な美しさが

秘められているのだと感じています。

レポ②に続きます・・・。